頭髪にお悩みをお抱えの方、プロペシアをご存知ですか?男性型脱毛症の主な原因とされている『DHT』の生成の抑制をしてくれる効果が期待でき、男性にしか服用できないお薬になっています。興味ありませんか?

黄色のカプセルとカプセルのスプーン
  • ホーム
  • フィナステリド配合のプロペシアは家計を圧迫

フィナステリド配合のプロペシアは家計を圧迫

プロペシアには、フィナステリドという成分が配合されています。
医療用医薬品に配合されている成分ですので、市販の薄毛治療薬には使われていません。
よく効く薬ではあるものの、副作用の心配を持つため、医師の説明をよく聞き、正しい使い方を徹底することが重要です。

プロペシアによる薄毛治療は、保険適用外です。
100%自費で治療を受け続けなければなりません。
プロペシアの効果を得られるには、長期連用が必要になります。
医療機関へは月に1回通うのが基本で、その都度、1ヶ月分の薬を処方される形になります。

薬代は安いところであれば4000円台、高いところなら7000円台の費用がかかるため、これを毎月支払い続けるとなると、家計を圧迫してしまいます。
家計を守るためには、最安の4000円台の医療機関に頼りたいところですが、プロペシアだけの処方で薄毛が改善されるとは限らず、他の治療薬などを用いることもよくあるため、これよりも費用がかかる可能性があります。

できるだけ治療費を安く抑えたいなら、プロペシアを個人輸入代行業者から購入するという手段を用いてみましょう。
しかし、正規品のプロペシアだと、医療機関で処方されるプロペシアとほとんど価格に違いが見られない例も珍しくありません。
医療機関の薬代が高い場合に利用したい手段です。

別の手段としては、個人輸入代行業者で取り扱っている、プロペシアジェネリックのフィンペシアを活用する方法があります。
フィンペシアはジェネリック医薬品ではありますが、プロペシアと同じ量のフィナステリドが配合されていますので、効果に差はありません。
研究開発費にコストがかかっていないため、驚くほど安く購入できます。
安全に使うためにも、信頼できる個人輸入代行業者から購入するのがポイントです。

関連記事