頭髪にお悩みをお抱えの方、プロペシアをご存知ですか?男性型脱毛症の主な原因とされている『DHT』の生成の抑制をしてくれる効果が期待でき、男性にしか服用できないお薬になっています。興味ありませんか?

黄色のカプセルとカプセルのスプーン
  • ホーム
  • プロペシアはどのくらい飲み続ければ効果がでる?

プロペシアはどのくらい飲み続ければ効果がでる?

困っている男性

専門のクリニックでAGA治療を受けると、投薬治療のメインで処方されるプロペシアは、安全性や効果に対して厳しい評価を出す厚生労働省でも認可されている飲み薬です。
数々の臨床試験で効果が認められていて、使用者の多くがAGAの改善で効果を実感できると言われています。
医薬品なので科学的な根拠に基づいた効果があるのですが、即効性はなく1度や2度飲んだだけではAGAが改善されることはありません。
プロペシアは継続的に飲み続けなければならず、過去の臨床データでは半年間でおよそ50%の人が発毛効果があったとし、1年間で60%前後に上昇、さらに2年間で70%まで上昇することが明らかにされています。
服用開始からおよそ1ヶ月ほどすると初期脱毛が起こり、抜け毛のあまりの多さに驚く人も多いのですが、諦めずに続けていくと、2~3ヶ月後には新しい髪の毛が生えてきて頭皮に産毛が揃ってくるようになります。
その後に少しずつ伸びていき、6ヶ月後には2~3センチの太く濃い毛髪が揃うようになると言われています。
ただし、全ての人に効果があるわけではなく、AGAの進行具合や年齢など個人差もあるため、服用した人すべてが6ヶ月で発毛が実感できるとは限りません。
早い人では3~4ヶ月程度で髪の毛が生えそろってきたという人もいますが、1年以上かかってもまだ伸びきっていないという人も少なからずいるのです。
それでも産毛程度には生えてくることが分かっているので、諦めずに続けていると、必ず髪の毛を取り戻せるというのがプロペシアの利点と言えます。
人によって効果が違うため、飲み続ける期間を決めることはできませんが、おおよそ6ヶ月で多くの人が実感できているので、その期間を目処に飲み続けてみると良いでしょう。

関連記事